妊娠中や妊活中の女性が葉酸を摂取する大切さ


妊娠中や妊活中の女性にとって、是非とも積極的に摂取したいのが葉酸サプリです。
なぜなら葉酸サプリに含まれている葉酸は、妊娠中に大きな役割を果たすことができるからです。

 

その一つは、胎児となる細胞が正常に分裂するよう促すというものです。
また葉酸には、大切な酵素の働きをサポートするという役割もあります。

 

この酵素は、母体のDNA情報を読み取って正しく形成するものであるため、胎児の正常な成長には欠かすことのできない大切なものです。仮に、妊娠中に葉酸が不足してしまうと、大事な胎児の細胞の形成やDNAの形成に影響を与えかねないのです。

 

さらに実際に妊娠していないとしても、妊活中の時期は非常に大事な時期です。
なぜなら、妊活を始めた時から実際に胎児ができるまでの受精期間中に、胎児となる細胞の分裂は最も盛んになります。

 

この時期、つまり妊娠する前から妊娠初期の期間に、受精した卵子も胎児もたくさんの葉酸を必要としているのです。そのため、この時期に母体が消費する葉酸の量は非常に多く、通常の二倍ほどであると言われています。仮に、妊活中の大事な時期に葉酸が不足してしまうと、胎児の先天性異常が起きるリスクも高まるという報告があります。

 

 

 

葉酸は私にとって魔法のような存在


今の子供がいるのは葉酸のおかげだと思っています。
真実はわかりませんし確かめようがありませんが、私の中で葉酸は魔法のような存在になっています。

 

私はずっと子供を希望していましたが、検査の結果妊娠しづらい体質だということがわかったんです。
しかし妊娠できないわけではないので、不妊治療を行いましょうと医師からは言われていました。

 

そのため不妊治療の予約はしたのですが、混雑している婦人科だったのでそう早くは始められなかったんです。
その間に少しでも体を健康にできればと思い葉酸を摂るようになったのですが、数ヵ月後から体温に変化が出てきて。
そして妊娠しづらいと言われていた私ですが、最終的に自然妊娠できました。

 

ベビ待ちの頃から飲み続けているのが葉酸です

 

葉酸はベビ待ちだった時からずっと飲んでいますね。
ベビ待ちの時から飲む必要があったのは、妊娠初期に葉酸が一番効果的に働くからです。

 

もちろん妊娠したと分かってから積極的に摂取するのも間違いではありませんが、
初期に飲む方が胎児のリスクを減らすことができるのだそうです。

 

それを知っていたので授かる前、つまり妊活をしている時点で葉酸のサプリメントを毎日飲むようにしていました。
そして嬉しいことに赤ちゃんを授かることができ、今はもう妊娠後期ですがサプリは欠かさずに飲んでいます。

 

つわりも若干あったものの、錠剤になっているのでつわりの影響を受けずに飲めるのも助かりました。

 

はぐくみ葉酸と逆流性食道炎

妊婦が逆流性食道炎を発症しやすいってしっていますか?
この発症しやすい理由というのは、妊娠中には免疫力が低下していることもあって体の機能というのは普段よりも落ちてしまっているからです。

 

妊娠とともに増加する黄体ホルモンというのは子宮の収縮を防ぐのですが、同時に胃腸の働きを低下させてしまうのです。
さらに妊娠初期のつわりによって吐き気、嘔吐が何度も起こると食道に炎症が起きやすくなってしまいます。

 

妊娠中にイライラしたりストレスを溜め込んでいると胃酸過多になったり胃腸トラブルの原因になってしまいます。

 

そのような逆流性食道炎にかかりやすい条件というものが揃っているのが妊娠中の体なのです。
そのため、つわりの時期には特に逆流性食道炎を発症しやすくなりますので、嘔吐してしまうことも多いです

 

つわりの時期にはどうしても嘔吐してしまい体が栄養不足に陥ってしまうこともあります。
しかし、この時期には赤ちゃんにとって非常に重要な器官が作られます。

 

そのため、普段の生活の中でしっかりとはぐくみ葉酸などを使用して補給するようにしましょう。
普段の生活の中で手軽に摂取することができるのがこの葉酸サプリメントですので是非参考にしてみてください。