合成の葉酸サプリメントに喘息の危険性?


合成の葉酸サプリメントを飲むと、お腹の赤ちゃんが喘息になる危険性が高まる...といった情報が存在することをご存知の方もいらっしゃるかと思います。ですがこれは本当に真実で、合成葉酸が原因で喘息が引き起こされたという報告がなされているものなのでしょうか。

 

現に、合成葉酸の過剰摂取で喘息のリスクが上がるというデータはあるようですが、ここで注目すべきなのは合成葉酸というワードではなく、過剰摂取によって引き起こされたものであるという点です。妊娠を希望する方や出産予定のある方は、出来るだけ早い段階で1日400μgの葉酸を摂取することが望ましいと厚生労働省からも推奨されています。

 

また葉酸に限らず、いくつかの栄養素には摂取上限が定められており、葉酸の場合は一日1000μg=1㎎の限度とされています。つまり、葉酸の摂取によってリスクが上昇するのはあくまで過剰摂取によるものであり、合成葉酸が悪いと言っている訳ではないというのが本当の所だったりするのです。

 

ですが、サプリメント会社はこの情報を故意に曲解もしくは省略することで、まるで合成葉酸そのものに喘息のリスクが高まるから危険ある...といった台詞を売り文句としてしまっているところがあります。正確には、合成葉酸は体内での吸収率が天然の葉酸よりも高いため過剰摂取の危険性が強く、もし継続的に過剰摂取と思われる1㎎前後の合成葉酸を特に妊娠後期に摂り続ければ、喘息のリスクを子供に負わせる危険性があります。

 

この事実を逆に捉えれば「合成葉酸は喘息のリスクを高めるから危険」と書かなければ、天然であることの優位性を示せないということになるような気もしてきます。

 

 

葉酸の過剰摂取で喘息の可能性


私の知り合いに喘息の人がいるのですが、喘息ってすごく辛そうなんですよね。
私も見ていて「大丈夫なのかな?」って思うんですが。

 

息が出来なくて、ヒューヒューと音がして、すごく苦しそう。
そういう時に、喘息の薬をよく飲んでいたのですが、あれが子供で発生すると、親は心配でしょうね。

 

よく妊娠中に女性が先天性疾患予防のために飲む葉酸サプリメントってありますが、実は幼児が葉酸を取りすぎると喘息になる可能性があるって言われているんですよね。

 

勿論、葉酸自体は、子供でも飲んでもOKなのですが、飲みすぎると強い副作用が出るそうです。
葉酸を取りすぎて喘息になってしまう幼児はかなり少ないようですが、0とは言い切れないようです。

 

私も妊娠中にお世話になったことがあるけど、まさか葉酸にそのような副作用があるとは思いませんでした。
葉酸の副作用が出てくると心配されているのは、1日に1000μg以上を摂取するケースのようですね。

 

通常の人で200μg、妊娠中の女性で400μgが理想と言われているくらいですから、
1000μgというのが、いかに過剰摂取かわかりますね。

 

一般人の5倍もの葉酸を摂取すると、健康被害の可能性が出てきますので、やっぱり気を付けないといけませんね。

 

葉酸で障害は軽減できるのか?


昔は子供って、女性が欲しがって、どっちかっていうと、男性が欲しがらないイメージがありましたが。
最近は、晩婚化になっているせいか、どうも子供を生みたがらない女性の方が増えているような印象があります。

 

勿論、晩婚でもamazonで葉酸サプリを購入したり、不妊治療専門の病院で治療したり、奮闘している女性も多いですけどね。
でも、助成もさすがに40歳になってくると、子供が成人した時に60歳になっているので・・・。

 

旦那さんが同じく40代だと、大学在籍中に退職を迎えて、経済的に不安になる可能性があって、生むことに抵抗感を覚える人もいますね。
出産するだけだったら、特に問題はないと思います。

 

でも、やはり高齢になってくると、ダウン症の可能性も高くなってしまうので、障害の不安も出てきます。
実はダウン症って、amazonで売っているような葉酸サプリを利用すれば予防の期待ができるとも言われているんですよね。

 

ダウン症は染色体の異常と言われ、100%予防する方法はないのですが、細胞分裂を促進する葉酸の摂取は有効だとする指摘があるのです。
葉酸サプリは、無脳症などの神経管障害の予防効果もあるので、一つ家にあると、妊婦さんにとっては安心かもしれません。