妊娠初期の厄介な敵


妊娠初期によく発覚する【子宮外妊娠】の悩み。
症状が軽ければ、薬の投与で大丈夫ですが、卵管が大きくなってしまった場合は手術しないといけなくなってしまうので、処置が大変です。
子宮外妊娠も、普通の妊娠と同様に、妊娠検査薬では、陽性反応が出ます。
でも、妊娠検査薬の陽性反応というのは、『正常』か『異常』かまでは教えてくれません!
そのため、産婦人科に行って、初めて判明するんですよね。
子宮外妊娠の判断を受けた場合、妊娠を諦めないといけなくなってしまうため、これまでの喜びが一転、悲しみに変わってしまいます。
子宮外妊娠になってしまったら、残念ながら、それ以上の継続はできません。
そのまま放置していれば、卵管破裂などの母体への危険性が高まるだけです。
子供がデキて喜んでいたのに、まさか子宮外妊娠で、自分の命を脅かすものになるとは、思いませんよね。
妊娠初期にこうした子宮外妊娠の発覚をする人は多く、妊娠したからと言って、みんながみんな無事に出産できるとは限らないのです。
無事に出産が出来た人は、やはり運が良かったのです。
子宮外妊娠をしたことがある人は、その後も子宮外妊娠の可能性があるため、妊娠初期の段階では、まだまだ安心できないですね。

 

妊娠中期の妊婦健診は飽きる


妊娠中期になってくると、毎回の妊婦健診にも慣れてきますよね。
でも、産婦人科って、予約制の所が多いはずなのに、いつもすごい時間またされませんか?
うちの産院は、近所では有名な人気の産院だったこともあって、妊婦健診で3時間くらいかかっていました。
予約時間に行っても、必ずそれくらい待たされます。
ちょっとずつ採血や血圧の検査をしながら、進むのですが、まあ時間がかかりますよね~。
子供を一緒に連れて行くと、確実に機嫌が悪くなるので、私は絶対に子供を連れて行きませんでした。
産婦人科には下の子供を連れて行くのは、あまりおススメできませんね。
でも、どうしても連れて行かないといけない人もいると思いますので、本当にそういう人は大変!
自分の検査をしながら、下の子供も面倒見ないといけないので、やぱり負担が大きいですよね。
子供を預けることが出来ない人は、結局は母親が一人で面倒みるしか方法がなくなってしまいます。
もうちょっと産院の混雑が減るといいんだけどなって思います。
そうすれば、妊婦健診の時間も、もうちょっとスムーズに進むのではないかと思います。
毎回毎回3時間コースでは、いかに安定している妊娠中期の妊婦でもきついですもんね。

 

妊娠後期は出産日が気になる

 

妊娠後期になると、出産日が気になりますよね~。
私は初産では、「大体遅れるよ~」と周りから聞いていたので、「遅れるんだ!」と思っていました。
ところが、実際になったら、出産予定日の1週間前に出産になってしまいました!
経験者の意見なんて、所詮参考程度なんだな~って思いました。
いきなり出産が早まったことによって、もう私はびっくりでした!
でも、陣痛がどんどんと大きくなって、「これは本物だ!」ってすぐにわかりました!
妊娠後期からは、いつ出産になってもおかしくないです!
私のように、初産でも早く生まれるケースはいくらでもあると思いますので、やっぱり気を付けないといけないですね。
私はその日、ショッピングをしていて、すごく歩き回っていたから、出てきたのかな~って思いました。
逆に二人目の時には、出産が1週間近く遅れましたが、二人目の時は、油断してあんまり動いていなかったんですよね。
やはりそれだけ、母親が活動していると、お産って早まるのかな?
何も運動や散歩とかしていないと、それだけお産が遅れるのでしょうか?
ただ、出産が早くなると、それだけ子供が小さいので、お産は楽だったな~って思いました。
お産が遅れると、それだけ子供も大きくなるので大変ですね。