葉酸を食品から摂取するのはおススメしない

 

葉酸を食品から摂取するのと、サプリメントで摂取するのでは、どっちが良いか。
初産の時にすごく悩んでいたのですが、どうも厚生労働省が勧めているのは『サプリメント』でした。

 

 

しかもサプリメントにも2つの種類があって、モノグルタミン型の方が効率よく体内吸収できるからおススメとか。
また、私の周りのママ友さんに話を聞いても、葉酸を食品から取っている人は、誰もいないんですよね。
みんな葉酸を食品からではなく、サプリメントで手軽に補給している人ばかりでした。

 

その一番の理由は、やっぱりつわりの時でも利用できること。
つわりが酷い時って、食事をしたくないじゃないですか?
どうせ食べても、すぐに吐いてしまいますし。

 

食べると気持ちが悪くなることがわかっているので、食欲がないんですよね。
なので葉酸を食品から摂取するのは、おススメしないと言われました。
確かに言われてみれれば、サプリメントの方が、つわりの時には、飲みやすいですね。

 

ただし、サプリメントの中には、粒が大きいものや、ニオイがきつい物もたまにあるので、そうした問題をクリアしたサプリメントを選ぶようにした方が良いと言われました。

 

粒が大きいと、喉に詰まる感じで、つわりの時に飲みにくいと言っていました。

 

食品からの摂取が難しい葉酸

葉酸が含まれている食品を妊婦時代によく食べていましたが、食品からの摂取は限界がある!
ということで、私はサプリメントをメインに使っていました。

 

サプリメントを選んだ理由は『つわりが酷かったこと』も挙げられます。
葉酸が含まれている食品を妊婦時代に積極的に摂取しようと思ったんですが、もうつわりがめちゃくちゃ辛くて、食べてもすぐに吐いちゃうんですよ。

 

食べては吐いて・・・の繰り返しが、想像以上にしんどくて、「これだったらサプリメントの方が良い!」って思ってしまったんです。
もう料理をしている時から、吐き気がもよおしていたし。

 

そんな苦しい思いをしながらご飯を作って、食べてもすぐに吐いてしまったのでは、なんだか効率が悪いと思ってしまったのです。
サプリメントはあんまりニオイもしないし、粒も小さいからすぐに飲み終えて便利。

 

つわり中はサプリメントで栄養を取ったほうが、食欲ない人にとっては助かりますね。
葉酸が含まれている食品を妊婦時代に飲むなら、断然サプリメントのほうがおススメです。

 

つわりでも続けられるし、体調が悪くてご飯が作れない時でも、気軽に葉酸だけはキープできるので、家に一個あると安心感があります。
食べないといけないっていう概念から解放されて楽になりました!

 

葉酸摂取は量に注意

妊婦が葉酸を摂取するなら量には気を付けないといけません。
葉酸は妊婦にとって悪い成分ではありませんが量を間違ってしまうと、副作用の可能性が出てきます。
副作用になると、発熱やアレルギーなどもあるので、ちょっと怖いですよね。

 

特にアレルギーは、一回なってしまうと、それだけ厄介になるので、注意をしたいものです。
妊娠中は、よく外食に行くことが多かったのですが、そのたびに体重が増えて、よく看護士んさんに怒られていました。
当時は、それがすごく嫌で、「何を食べたっていいじゃない!」って思っていました。

 

でも、今となってみれば、看護師さんだって、健康な子供を産んでほしいので、やっているんですよね。
あとは看護師さんによっても、やっぱり相性がありますので、自分と相性が良さそうな看護師さんが産院にいると、やっぱり楽になるのかな~って思いました。

 

勿論、自分と全然合わない看護師さんだっていますよ!
それは人間だから仕方ないと思います。

 

ただ、妊婦健診の時に、そういう相性っていうのはわかると思いますので、やっぱりどうしても看護師さんや医師との相性が悪いと思った場合は、転院してみるのもアリなのかなって思います。

 

やっぱり信用できる人に出産はお任せしたいですよね。

 

葉酸サプリでダウン症の確率は減る!?

 

葉酸サプリで、ダウン症の可能性が相当減らせると言う話を、このままママ友のランチ会で聞きました。
みんな経済的な事情もあるけど、やっぱりもう一人欲しいっていう人が多いですね。

 

ただ、既に30代の後半でもう一人となると、さすがに葉酸サプリを飲んでも、ダウン症の子供や障害児が生まれるのでは・・・と、大きな声では言えない悩みもあります。

 

葉酸サプリでダウン症をいかに予防できたとしても、年齢的な加齢による卵子の老化というのは、自分の目では確認できないので、どうしようも不安にあります。

 

やはり卵子が老化してしまうことが、色々なトラブルにつながってきますので、まずは葉酸サプリを飲んで体質改善をしてみようかなって思いました。

 

若い頃は、子供を作る時に、こんな心配をしたことがありませんでしたが、やっぱり30過ぎると気になってしまいます。
今のところ、私の周りでは、40代くらいでも元気なお子さんを産んでいる人が多いですが。
周りが健常児を産んでいるからと言って、自分も当たり前のように埋めるかどうかは別問題ですよね。

 

やっぱり自分が、障害児の母親になる可能性というのは、いつでもあると思いますから、よく考えて次の子供のことを考えたいです。

 

葉酸で障害は100%予防できない!

葉酸サプリにはダウン症を100%予防する効果はありません。

 

しかし、葉酸サプリの摂取によってダウン症の原因とも言われる細胞分裂の異常を軽減できる効果があると言われているので、使ってみるのも良いと思います。

 

神経管障害の予防については、葉酸サプリの効果が医学的に認められていますが、
ダウン症についてはまだまだはっきりした効果があるとはわからないので、気休めかもしれませんが。

 

赤ちゃんが育っていくためには、いくつもの細胞分裂を繰り返すため、
細胞分裂やDNAの合成で必要となる葉酸は、不足してしまうと、胎児の成長に大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

若い頃は、細胞分裂も活発ですが、やはり老化が進んでいくと、細胞分裂などが正常に行われなくなってしまう可能性があります。

 

そして、この時の異常が将来的な赤ちゃんの障害になる可能性があるため、細胞分裂で異常を出さないとうことが、実はすごく大事なんです。

 

葉酸サプリを摂取していることによって障害を軽減する効果が発揮される可能性があるからこそ、
高齢出産を迎える人は、デキるだけ葉酸サプリを飲んだほうが良いんでしょうね。

 

不妊も卵子の老化が原因と言われているだけに、老化が妊娠や子供への障害に与える影響は計り知れないです。

 

貧血予防に葉酸サプリ

サプリメントって、年を取ってくると、良さがすごくわかるのですが、若くて健康な時っていうのは、別に飲んでも飲まなくても変わらない感じがしてしまいます。

 

そのため、サプリメントの良さを感じにくいんですよね。
葉酸サプリが「効果なし」という人は、やはり元々が健康で葉酸サプリの効果を感じにくい人もいると思います。

 

その証拠に、私は20代の頃に長女を出産した時には、あんまりサプリメントの良さがわからないで「葉酸サプリなんて高い割に効果なしじゃん」って思っていたことがあります。

 

でも、30過ぎて第二子を出産をした時には、貧血予防にもなって、「あれ?葉酸サプリってこんなに良かったっけ?」って感じました。
やはり健康的な人にとっては、サプリメントって基本的には不要なんだと思います。

 

神経管障害の予防など、葉酸の力を借りないといけないような場合は、当然サプリメントを飲んだほうが良いですが。

 

やはり健康体の人っていうのは、毎日規則正しい生活習慣と食生活で、サプリメントを必要とするほどの栄養不足にはなっていないケースが多いです。

 

そのため、サプリメントを購入するのが嫌な人は、単純に生活習慣や食生活を改善すれば良いだけです。

 

葉酸を含む食品は納豆!

 

葉酸を含む食品の中に、納豆があります。
私は妊娠した時に、葉酸を含む食品一覧をチェックしたのですが、ほうれん草とか枝豆とか、あんまり好きな食材がなくて困ってしまいました。
そんな時に、葉酸を含む食品で唯一好物だったのが納豆でした!

 

小さい頃から、納豆だけでは大好きで、つわりの時でも、納豆だけなら食べられました。
なので毎日大量の納豆巻きを作っておいて、冷蔵に冷やしておいておきました。
つわりの時って、温かいご飯が苦手なので、どうも私は納豆巻きが好きでした。

 

葉酸を含む食品の多くは、豆関係が多いので、豆が苦手な人にとっては、食事から摂取するのは、ちょっと苦手かもしれませんね。
豆以外となると、レバーやよもぎなど、癖がある食材が多かったので偏食の人には食べにくい物ばかりかも。
納豆だって、好き嫌いがありますからね。

 

私は大好きだけど、友達は納豆は苦手なので、やっぱり葉酸は無難にサプリメントで摂取していました。
やはりサプリメントは、ニオイも少なく、小粒で飲みやすいタイプが多いので、つわりの時なんかでも飲みやすいのがメリットだと思います。

 

食欲がなくても、サプリメントくらいだったら、飲み込めますからね。
吐き気が強い時こそ、効果を発揮すると思います。

 

好き嫌いが激しい人は葉酸を飲もう!

 

よく病院の検査で『採血』ってありますよね。
病状によっては、どうしても必要になる検査なので、嫌でも渋々やらないといけません。

 

採血では白血球や赤血球など数などを詳しく調べることができますし、
HIVのような感染症の検査などでも採血は必要になってきますね。

 

ただ、採血の検査を得意としている人はそれほど多くないと思います。
私も嫌いですし、私の娘も非常に苦手にしています。

 

そういう時には、葉酸を摂取しておくと、貧血になりにくくなるって言いますね。

 

葉酸欠乏症の症状として、貧血が有名ですが、葉酸には血を増やす作用があるので、
貧血で悩んでいる人にとっては、良いサプリメントって言われています。

 

しかも血を増やすために必要な食材って、レバーとかにんじんとか、ちょっと好き嫌いな分かれる食材が多いんですよね。
そのため、好き嫌いが激しい人だと、食事から貧血予防をするのも難しい場合があります。

 

そういう時には、やっぱり葉酸欠乏症の典型的な症状である貧血を予防するためには、サプリメントの摂取が効果的になってきます。

 

好き嫌いが激しい人は、無理やり食事から栄養を摂取しよう思っても長続きしないので、大人しくサプリメントにしてしまったほうが良かったりもします。

 

家族計画は葉酸の準備から

 

今の時代って、女性にとって家族計画はすごく難しい問題だと思います。
結婚する年齢も遅くなり、そこから家族計画をするとなると、
人によっては30代後半とか、場合によっては40代からの妊活になるわけです。

 

20代だったら、葉酸サプリならこれがベストnowまとめなんて見なくても「普通に子供は出来るでしょ」って思えますが。
やはり30代後半や40代の子供が出来にくいと言われている年齢になってくると、ちょっと弱気な部分が出て来たりします。

 

結婚してから、1年くらい経っても、子供ができないと、「やっぱり葉酸サプリを飲まないとダメなのかな?」って思ったり。
急いで葉酸サプリならこれがベストnowまとめをチェックして、葉酸サプリを取り寄せたりする人も出てきます。

 

やはり『焦り』があるんですよね、女性には。

 

男性と違い子供を生める時間が限られている女性にとっては、
閉経が近づく40代になると、子供を諦めるかどうかは、深刻な問題になってきます。

 

特に元々子供が大好きだった人にとっては、なかなか諦めきれないですよね。

 

「子供のいない幸せもあるよ」と言われても、やっぱり本人が子供を望むのであれば、誰に何と言われようと、やっぱり子供は欲しいと思います。

 

 

葉酸サプリの値段について

 

子供の虐待事件を見ていると、涙が出てきそうになります。
独身時代は子供の虐待事件なんて、あんまり気にならなかったけど。

 

やっぱり自分に同じ年くらいの子供がいると、他人事には思えなくなってしまいます。
3歳とか5歳とか、「そんな小さな子供をいたぶるの?」っていう事件が多すぎですよね。

 

一方では、妊娠中から我が子の健康を案じ、葉酸サプリならこれがベストnowまとめなんかを見て、
5千円以上もするような高額なサプリメントを飲んで出産に控える人もいますし。

 

親も両極端ですよね。

 

でも、子供にとっては、虐待するような親に当たるくらいだったら、葉酸サプリならこれがベストnowまとめで出ているような高級サプリメントを飲んで出産準備してくれるような親に当たった方が、幸せだと思います。

 

わずか3歳とか5歳で死んでしまう子供のことを思うと、やっぱり胸が痛くなりますね。
子供も親も、相手を選ぶことができませんが、小さな子供の方が、か弱く、どうしようもないので。

 

やはり温かい両親の元に生まれてくる子供の方が幸せだろうなって思います。
結局、妊娠中から葉酸サプリなどに拘る人は、それだけ子供のことを心配している人なんだろうなって思います。

 

葉酸が足りないと認知症になるのはなぜ?

 

葉酸欠乏と認知症には、実は意外な関係があります。
葉酸といえば、妊娠時代に胎児の先天性疾患の予防や貧血防止になると勧められたことがある人は多いと思います。

 

しかし、認知症は葉酸欠乏を予防することで、その可能性を軽減できるかもしれないと言われています。
というのも、葉酸は脳神経細胞の維持やホモシステイン低下に役立つ成分だと指摘をされているからです。

 

脳神経細胞が維持できなくなってしまうと、脳萎縮が発生し、物忘れが激しくなってしまうのです。
最初の頃は、ちょっとした物忘れだったボケも、脳萎縮によって次第に忘れてしまった事自体もわからなくなり認知症へと発展してしまうのです。

 

そのため、認知症は、行方不明になってしまうことが多いことでも有名です。

 

自分で迷子になっても、迷子になっていることすらわからなかったり、
自分の名前も忘れてしまっているケースがありますので、なかなか戻ってこれないという問題があります。

 

やはり認知症になってしまう前に、葉酸などのサプリメントを飲んで、予防するようにするのが大事になってくると思います。
葉酸サプリメントによる摂取は、地道な予防になりますので、劇的な効果を実感できるわけではないですが。

 

薄毛の問題も葉酸で解決

 

うちの主人は遺伝的に髪が薄い家系なんですが・・・。
やっぱり血は争えないのか。

 

がんばって頭皮に良いって言われている葉酸が食品中に含まれた料理を出しているんですが、全然効果がないような・・・。
葉酸を食品から摂取しても効果がないと思っているようで、最近はドラッグストアでサプリメントを買ってくるようになりました。

 

やっぱりサプリメントの方が、しっかり1日に必要な量をちゃんと摂取できますからね。
食品から葉酸を摂取する場合は、1日に200μgは欲しいので、ちゃんと必要量は確保したいと思います。

 

でも、髪が薄いとやっぱりどうも老けて見えてしまいますよね。
なんだか主人が気にしてしまうのも仕方ないのかなって思いましが。

 

育毛系のグッズって高い物が多いので、私はこのまま葉酸でなんとか薄毛が治ってくれると嬉しいなって思いました。
サプリメントだったら、それほどお金もかかりませんので、やっぱり経済的にも易しいと思います。

 

薄毛対策も長期戦が大事なので、やっぱり長続きする方法でないとやっぱりダメですよね。
お金がかかり過ぎてしまうと、やっぱりリピートできなくて使わなくなってしまうので問題ですね。

 

安い方が使いやすいと思います。