妊婦さんが悩まされている葉酸欠乏

 

妊娠中や妊娠して最初の頃は、ビタミンの一種である葉酸をきちんと摂取することが大事だと言われています。 葉酸には赤ちゃんの細胞を作ったり増やしたりするとても重要な働きがあるのです。 妊娠すると自分の体だけでなく、赤ちゃんの体を作るためにもしっかりと栄養を摂らなければいけません。葉酸は妊婦さんにとって非常に重要なビタミンなのです。

 

妊娠中には葉酸を意識的に摂取する必要があります。赤ちゃんの分まで栄養を摂取するため、バランスの取れた栄養豊富な食生活を心掛けなければいけません。 葉酸は緑黄色野菜や乳製品、果物などに多く含まれています。

 

葉酸を摂ろうと普段と違う食材を購入する必要はなく、バランスの良い健康的な食事を心がけるだけで良いのです。しかし、バランスの良い食事を毎日摂取するのは簡単なことではありません。

 

 

葉酸が特に大事となる妊娠前、妊娠初期には普段より多めに葉酸を摂取する必要があります。 葉酸が不足していると、赤ちゃんの脳や骨髄がうまく形成されなかったり、神経管閉鎖障害という障害を持ってしまうかもしれません。

 

 

 

しかし、妊娠するとつわりの症状に悩まされ、食事を口にできなくなってしまう場合もあります。ご飯のニオイで胸焼けを起こしてしまい、少ししか食べ物を口にできないという方や、決まったものだけしか食べられないために栄養不足に陥ってしまう方もいます。

 

母体であるお母さんが多少栄養不足であっても、赤ちゃんは意外とすくすく成長していきます。 しかしそれでもまったく食事が口にできないのは問題ですし、赤ちゃんが無事お腹の中で成長しているか、不安でそれがストレスになってしまう場合もあります。

 

 

 

つわりの最中でも栄養をできるだけきちんと摂取したい、そのような場合に非常に便利なのがサプリメントです。 葉酸がより重要になる妊娠初期、しっかりと葉酸を補うためにはサプリメントで摂取するのが好ましいです。 これは医師や厚生労働省も推奨しており、妊婦さんにとって非常に重要なビタミンであることがわかります。

 

 

 

葉酸の摂取量とサプリメント

 

妊娠中や妊娠してすぐの頃は、一日に0.4mgの葉酸を摂取するのが良いとされています。 ですがこの摂取量はサプリメントで摂取する量であり、食事から摂取する葉酸はまた別となっています。 本来ならばもう少し多めに摂取しても良いのですが、食事でもある程度の量を摂取できるために、サプリメントでは0.4mgを摂取しましょう、ということになっているのです。

 

ですがつわりが激しい妊婦さんにとって、食事から一定の量の葉酸を摂取するのは難しいと思います。そのため葉酸のほとんどをサプリメントに頼る形となるでしょう。

 

オーガニック天然葉酸なら安心

 

サプリメントは人工的な栄養なので、飲み続けて赤ちゃんに影響はないのか不安になる方も多いでしょう。 サプリメントが赤ちゃんの体に影響を及ぼすことはまったくないとはいえません。 人工的に作られた葉酸を多量に摂取すると、喘息を起こしやすい赤ちゃんが生まれるとの報告があることも事実です。

 

葉酸は妊娠12週までの初期の間にしっかり摂取することが重要だとされています。それはこの初期の段階で、赤ちゃんの器官が作られるためです。

 

 

 

この初期の段階を過ぎても過剰に摂取し続けると喘息などを発症する赤ちゃんが生まれるケースがあるのです。 手軽に摂取できるサプリメントですが、手軽だからといって摂取しすぎるのも禁物です。 これを聞くとやはりサプリメントは危険なのか、と感じるかもしれませんが、葉酸が赤ちゃんの成長にとって重要な栄養であることは間違いありません。

 

過剰に摂取したからといって必ず喘息を発症するわけではありませんが、やはり不安になってしまうと思います。 赤ちゃんの体への影響を心配せずに、安心して飲めるサプリメントはオーガニックのものです。 全て天然成分で作られたオーガニックの天然葉酸は、添加物や化学合成物質を使用していないため赤ちゃんの体に影響が出ることはありません。

 

オーガニックのサプリメントは食べ物を口にしているのと同じなのです。添加物などを心配する必要がないので、サプリメントに抵抗を感じる方でも安心して飲むことができるのではないでしょうか。また、化学合成の葉酸サプリメントは吸収率が非常に高いため過剰な摂取には注意が必要です。

 

ですがオーガニックの葉酸は食事から摂取するのと同じ吸収率ですので、摂取した葉酸のうち体に吸収されるのは50%ほどです。そのため市販の葉酸サプリメントよりも摂取する量は増えるかもしれません。市販の葉酸サプリメントが一日2錠だとすると、オーガニックの葉酸はその倍、一日4錠を摂取することになります。

 

 

 

 

妊娠の前に葉酸の準備をしておきましょう

 

葉酸は赤ちゃんの器官が作られる妊娠前と妊娠初期にしっかり摂取をすることが重要です。 妊娠が発覚した時にはすでに必要な葉酸を摂取できているという状態が理想的です。 妊娠は完全に予期できるものではないので、妊娠する一か月前から葉酸を摂取するように、と言われても非常に難しいことだと思います。

 

ですが妊娠を希望している、また妊娠する可能性がある状態ならば、赤ちゃんにとって必要な栄養について意識することはできるはずです。

 

妊娠前に意識して葉酸を備えた方が良いのは以下のような方です。

  • 生理の最中に出血が多く、妊娠するとつわりになる可能性が高いと思われる人。
  • お酒が好きでついつい飲み過ぎてしまう人。

 

私はつわりがひどくなる体質かもしれないと感じる方は、妊娠した時のためになるべく早く葉酸の準備をし摂取するようにしましょう。 また準備するものはオーガニックタイプですと、食事から葉酸を摂取するのと同じ感覚なので安心できるかと思います。 お酒を飲む習慣がある方に注意をして頂きたいのは、過剰に飲酒をすると葉酸欠乏症になる可能性が高いということです。

 

アルコールは葉酸の吸収を妨げてしまいますので注意してください。 葉酸欠乏症は赤ちゃんだけの問題ではありません。悪性貧血や動脈硬化の原因にもなりますし、肌荒れや口内炎になりやすくなる原因にもなります。 妊娠していなくても葉酸は体に重要な栄養であることは間違いありません。

 

常に過度に飲酒をしてしまう週間のある方は、妊娠するとすぐに葉酸が不足してしまうことも考えられます。 葉酸欠乏症は赤ちゃんが障害を持って生まれるリスクが高まるとされていますが、赤ちゃんが生まれる前に流産してしまう可能性もあります。

 

妊娠していないのだから大丈夫と考えるのではなく、妊娠や出産の予定があるならばもう一度自分の体について考え、健康で元気な赤ちゃんを生むための準備をしっかりするという意識を持つことが大切です。

 

 

葉酸の知識について

 

お腹の中に赤ちゃんがいると知ったそのときから、女性は「母親」として生まれ変わる体験をします。母親として今までは意識もしてなかったことや全く知らなかったことを知ることになります。 病院に行ったり、妊娠や出産に関わるものを読んだりすると、お母さんの栄養に関する情報と出くわす機会が多くなります。

その中で、「葉酸」という栄養素が赤ちゃんとお母さんにとってとても重要な栄養であるということ知ります。

 

「葉酸」は男性や、それまで妊娠や出産を意識していなかった方なら聞きなれないかもしれませんが、妊娠や出産を予定している方にとっては常識と言ってよい程重要な栄養素です。 葉酸については母子手帳などにも載っています。
簡単に説明すると、葉酸は細胞の増殖や修復に関わるビタミンであり、激しく活発に細胞分裂する胎児には必要不可欠な栄養素です。

 

葉酸が不足すると、脳や脊椎などの重要な器官がうまく出来なくなってしまう神経管閉鎖障害という障害が発生するリスクが高まります。 そのリスクを下げ、元気な赤ちゃんに育ってもらうために、必要な葉酸をお母さんが意識的に摂取する必要があるのです。

 

葉酸を多く含む食べ物は、新鮮な野菜や果物、乳製品や豆類とされています。葉酸は、普通にバランスよく食事していれば、本来不足するビタミンではありません。

 

しかし妊娠すると、つわりの影響で思うようにご飯が食べられなくなることもあるし、普段摂取する葉酸の量では足りないのです。だから、効率よく確実に葉酸を摂取するためにサプリメントの服用が勧められています。

 

 

 

葉酸のサプリメントならなんでもいいの?

 

葉酸は出来れば妊娠の一ヶ月程前から妊娠三ヶ月くらいの間に積極的に摂ると神経管閉鎖障害のリスク軽減には良いとされています。 一ヶ月前というのは難しいかもしれませんが、妊娠を意識し始めたら葉酸も意識することが必要です。

 

赤ちゃんの脳や脊髄など、重要な器官は妊娠初期に形成されます。この時に葉酸が必要になります。だからこそ、早めに葉酸を準備しておいて欲しいのです。

 

推奨される葉酸摂取量というのも決められていて、妊娠中は0.48mgくらいです。 そのうちの0.08mgは毎日の食事で摂取出来るので、0.4mgはサプリメントで摂取すると効率的です。

 

「食事で摂れる葉酸ってそれだけなの?」と思われるかもしれません。 実際には食べる量にも個人差がありますし、どれだけ吸収するかというのも調理法や食材の鮮度にも関わるので一概には言えません。しかし、0.48mgという目標に比べたら、かなり少ないということは覚えておいて欲しいと思います。

 

葉酸は熱に弱く、水溶性なので調理の段階で多くが失われてしまうビタミンです。また、食品から摂取する葉酸が有効に体に吸収される量は約50パーセントです。つまり約半分はうまく使われずに終わってしまうのです。 だからこそサプリメントという訳です。

 

ここまでは比較的よく知られていることかもしれません。しかし、サプリメントの選び方も考えた方が良いかもしれないということはご存知でしょうか。

 

葉酸のサプリメントでの摂取は病院でも勧められるものですからもちろん問題はないのですが、葉酸のサプリメントには化学合成されたものと天然のオーガニック素材のものがあるのです。

サプリメントなんてみんな一緒だと思ってたという方も当然いると思いますが、実はこんな違いがあったのです。

 

めまぐるしい子供の成長に葉酸サプリが効果的

 

赤ちゃんの二分脊椎症や無脳症などの先天異常を防ぐためにも、積極的に葉酸サプリを用いた葉酸の補てんが重要です。
厚生労働省からも健全な妊娠・出産を行うために推奨されているほどなのです。

 

妊娠の可能性がある段階から備えとして葉酸サプリを利用することで
まだまだ妊娠か否か確定していない時期のめまぐるしい体の変化に耐えるだけの蓄えができるようになります。

 

既に妊娠が発覚した後でも葉酸サプリの効果は期待できますが、細胞分化が活発に行われる妊娠初期の段階から
葉酸サプリの恩恵を与えるのがお勧めです。つまり、妊娠を期待して子作りに励んでいる段階から利用するのが良いとされているのです。

 

高齢化出産が進み、食生活の変化によって葉酸を効率的に取り入れられず、消費が激しいというケースが多くなっています。
その環境があるからこそ、日本でも政府から積極的な摂取がささやかれるほど、葉酸サプリの効果が赤ちゃんの健康に作用しているのです。

 

妊娠を迎えてこれから子供を大きくしていく段階においても、葉酸サプリを利用することは賛成です。
それは、健康状態の維持を図るだけでなく、赤ちゃんがしっかり育つようにするためでもあるのです。

 

だからこそ、早期から葉酸サプリを利用すべきという見解が出ているのです。

 

 

 

葉酸のサプリメントは天然のものを

 

最近、葉酸のサプリメントを安いものからちょっと高いものに変えました。
何が違うかというと、天然の葉酸かそうじゃないかですね。

 

今までは安い化学合成の葉酸サプリを使っていたんですが、実はあんまりこれは体に良くないらしいということを知りまして。
せっかく悪性貧血や動脈硬化の予防で飲んでいるのに、体に悪影響が出てしまっては本末転倒ですからね。

 

なので、ちょっと高いお金を出して、天然の葉酸が入ったサプリメントを使うことにしました。
飲んでいる分にはサプリメントなので違いなんて分かりませんが、やっぱり安心感が全然違いますね。

 

体への悪影響を気にせず飲めるというのは、大きなメリットですよね。
これからもちゃんと天然の葉酸が入ったサプリメントを飲んでいこうと思います。

 

葉酸とはほうれん草の葉の部分から発見された水溶性のビタミンで、胎児の先天性奇形の予防や心臓病、さまざまなガン、貧血の予防などにも効果的であるといわれています。

 

葉酸はビタミンB郡の一つに分類されていて、その名のとおり<葉物>に豊富に含まれているビタミンです。

 

葉酸は体内で細胞分裂がおこなわれる際に重要となってきます。なぜなら、細胞分裂の際にキーとなってく遺伝物質DNAの構成酵素である核酸の合成で補酵素として働くのが葉酸だからです。

 

そのため葉酸は細胞分裂が活発におこなわれる<胎児>、<消化器官の粘膜>、<赤血球の製造>などにおいては欠かすことの出来ないビタミンなのです。