化学合成の葉酸サプリは危険?

 

化学合成と聞くといかにも体に悪そうですが、実際は剰摂取にさえ気をつければ有害なものではありません。

 

 

まったく無害かと言われれば違うかもしれませんが、体にいれるのは絶対に避けるべきなんて大袈裟なものではありません。

 

 

しかし、この化学合成された葉酸を妊娠期に過剰に摂取することで、子供が喘息にかかるリスクが上がったという研究結果が出ました。

 

一錠の葉酸量がはっきりと分かるサプリメントを過剰摂取することがあるのでしょうか。もしかしたら、障害のある子が生まれるかもしれないということに意識が行き過ぎて、推奨されるより多くのサプリメントを摂るお母さんがいたのかもしれません。

 

その気持ちは分かりますし、どこからが過剰摂取なのかがはっきりと分からないのは当然なので、一概に飲みすぎというのは少し強引です。やはり問題があるとしたらお母さんではなくサプリメント、さらに言えば「化学合成された」サプリメントということになるでしょう。

 

ちなみに葉酸の摂取上限は1mg。しかし普通体内にある葉酸の量を血液検査なしで把握することは出来ませんし、どれだけの葉酸が消費されたのか、どれだけの葉酸が吸収されたのかを把握するのは不可能です。

 

もしかしたら何かの都合でとても効率よく吸収される日があったり、それほど葉酸が消費されなかったりする日があったりしたのかもしれません。もし体質の違いに影響があったのだとしたら、上限の1mgだって万人が共通とは言えません。
つまり、定められた量を飲んでいても過剰摂取になる人もいるかもしれないということです。さらに、そんな個人差で赤ちゃんに影響が出るということは、少なからず「化学合成された葉酸サプリメント」は危険だということです。

 

脅かすようなことを言っているかもしれません。実際には喘息になるのではなく、喘息になる可能性があがるということですし、それも確実にということではありません。

 

口にするものの害を言い出せば、飲酒や喫煙、偏食のほうがよっぽど赤ちゃんに影響が出るだろうと思うのです。 しかし化学合成されたサプリメントというのは、決して完璧ではない。害が出ることがある、というのは事実なのです。

 

 

 

オーガニックの葉酸サプリなら安心

 

なぜオーガニックが安心かと言うと、上述した喘息のリスクがあがるという話は「葉酸」の過剰摂取ではなく、「化学合成された葉酸」の過剰摂取に問題があるという研究結果だったからです。 つまりここで言う問題は葉酸ではなく「合成添加物の影響が出る」ことがあるということです。

 

オーガニック葉酸サプリだってサプリメントですが、天然ということは食べ物を食べているのと変わらないということなのです。 ほうれん草を大量に食べなくてはならなかったものを、サプリメントのサイズに縮小したと言えば分かり易いでしょうか。

 

もちろん、天然で安全だからと言っていくら飲んでも差し支えないという訳ではありません。あくまで一日の葉酸摂取量は上限1mgまで。それを超えると化合物とか胎児への影響とは関係なく体に悪影響がでてしまいます。

 

 

本来、サプリメントの利点はその吸収効率の良さにあります。すでにお話したように、食物からの葉酸の吸収効率は約50パーセント。それに比べ、一般的なサプリメントは80パーセントもの葉酸が体内で有効に使われるのです。過剰摂取や胎児への影響と言うのは、この吸収効率の良さが裏目に出た結果と言えるでしょう。

 

 

効率よく葉酸を摂取出来るというのは、化学合成された葉酸サプリメントの良いところだという見方も出来ますが、それ故に過剰摂取の可能性が高まり、さらに添加物によっては子供が喘息になるリスクが高まるというのですから、その利点は諸刃の剣という感じでしょうか。

 

 

オーガニック葉酸は、その点、食品での摂取と変わらないので吸収効率も食品と同じ50パーセント程度となっています。二つに一つは流れてしまうと考えると非効率なようですが、過剰摂取のリスクが低くなる(過剰摂取によるリスクがなくなる)と考えれば無駄とばかりは言えません。

 

実際に服用するときにも、以上のような都合がありますから、一粒0.2mgの天然葉酸サプリで、もし0.4mgの葉酸を摂りたければ2錠ではなく4錠飲む必要があります。

 

 

 

葉酸サプリのまとめ

 

ここまでを整理すると、化学合成された一般的なサプリメントは吸収効率が良いため過剰摂取の危険性がある。そればかりでなく、合成添加物が胎児に影響して、喘息を発症するリスクを高めることが知られている。

 

そこで、天然成分にこだわった葉酸サプリメントなら、吸収効率も食品で摂取したときと同じ約50パーセントだから過剰摂取に陥るリスクは低く、化合物を含んでいないので胎児への悪影響もない。

 

だからこそ、危険を出来るだけ回避したいのなら天然の葉酸サプリメントがお勧めです、というお話でした。

 

葉酸のサプリメントは先ほども言いましたが妊娠の一月前から摂取するのが理想的です。妊娠が分かるまで葉酸の存在を知らなかったという方も焦る必要はありませんが出来るだけ早く葉酸を蓄えてあげた方が赤ちゃんの成長には嬉しいはず。

 

もし、これから葉酸サプリメントを始めようと思っていて、どれでもいいのだろうかと迷っているのなら、天然の葉酸サプリメントが安心です。

 

 

また、まだ妊娠してないけど子供が欲しいと思っているのなら、少々気が早いかもしれませんが早めに葉酸を飲んでおくといいと思います。0.4mgまでいかなくとも、念のために一錠ずつという形でも、天然の葉酸サプリメントは食べ物と変わらないので積極的に摂取しても安心です。

 

葉酸をいつまで飲むのか

 

妊婦さんは葉酸を勧められるものの葉酸をいつまで飲むのか悩む人もいます。

 

でも、妊婦さんが葉酸をいつまで飲むかは、その人の体質も一つ重要なポイントになります。

 

貧血体質の人であれば、基本的には、葉酸サプリメントは産後まで飲んだほうが良いと思います。

 

というのも、私も経験したことがあるのですが、産後って一番血が足りなくなるので、授乳中にくらっとくることがあるんですよね。

 

結局、母乳も血液なので、赤ちゃんに血液を抜かれている状態なので、出産時の出血に加えて、授乳でどんどん血液が減ってしまうからです。

 

 

これまでの人生で、一度も貧血なんかになったことがなかった私が、まさかの貧血で焦ったことがありました。

 

その時に看護師さんから、「産後は貧血になる人、多いのよ~」って聞きました。

 

それだけに、普段から貧血の人は、産後に貧血になる可能性が高いと思いますので、是非産後も葉酸サプリメントを続けたほうが貧血予防になると思います。

 

貧血になってしまうと、それだけ産後の体力回復も遅れてしまいますし。

 

赤ちゃんに授乳するのも辛くなってしまうので、まずはしっかりと母体の回復をするのもすごく大事だなって思いました。

 

赤ちゃんのお世話も勿論、大事ですけどね!

 

 

葉酸サプリで基礎体温が上がる根拠

 

妊娠中や授乳中に摂取を推奨されている葉酸サプリですが、妊娠準備中の方や不妊で悩んでいる方も摂取するといいとされています。

 

妊娠しやすい身体作りをするためには安定した基礎体温が必要です。

 

高温期が短い、低温期が長いなど基礎体温が乱れていると妊娠しづらい場合があります。

 

基礎体温が低い理由としては血行不良が多く、貧血や冷え性などが原因です。

 

また、卵巣機能が低下している場合も基礎体温の乱れに繋がります。

 

根拠は身体を温めて基礎体温を上げるために葉酸サプリが効果的です。

 

葉酸はビタミンB郡の仲間で細胞を新生したり、貧血防止や胎児の成長を助ける作用があります。

 

造血のビタミンと呼ばれており、赤血球が巨大化する悪性貧血を予防します。

 

葉酸を摂取することで代謝と血液のめぐりを良くすることで身体を温める事が出来ます。

 

また、身体を温めることが子宮を温める事にも繋がります。

 

葉酸サプリと合わせて身体を温めるショウガなども積極的に取り入れます。

 

葉酸は緑黄色野菜などに含まれていますが、熱を加えたり調理することで破壊される為に食物で取り入れる事は難しく、サプリメントが最も簡単に摂取できる方法です。

 

葉酸サプリは妊娠しやすい身体づくりのサポートを行います。

 

葉酸サプリで人生の大きな転換期

 

妊娠を初めて知った時の衝撃って、本当に人生でも1、2位を争うほどの衝撃でした。

 

やはり子供が自分の体内で育つっていうのは、女性にとって、人生の大きな転換期ですよね。

 

それだけに、芸能人なんかは、「体型が壊れるのが嫌」と、子供を産むことを嫌がる人もいるそうですからね。

 

確かにモデルさんとかやっている人は、子供を産んで体型が崩れてしまうと、仕事に戻るのが大変そうですね。

 

一般人は、そのままちょっと太ってしまっても大丈夫ですが。

 

芸能人は自分が仕事の商品なので、体型崩れは大きな損失になると思います。

 

でも、芸能人はみんな、産後も綺麗な人が多いですよね~!

 

あれこそ、プロ根性だと思います。

 

産後に産前と変わらない体型で戻ってくる芸能人はすごく尊敬してしまいます。

 

安室奈美恵さんなんかダンスもやって、未だに10代と変わらない体型を維持しているのがすごいなって思いました。

 

でも、妊娠中は体型も大事ですが、それ以上に栄養バランスを気を付けていましたね。

 

ネットを見ていて「いいな」と思った葉酸サプリ ベルタをドラッグストアで探したけどなかったので、やっぱり店頭ではないんですよね。

 

ベルタはドラッグストアではなくネット限定販売なので、探し回るとすごく無駄です!

 

葉酸グッズって色々とありますね

 

妊婦には葉酸が良いと、妊娠した時にお友達から沢山葉酸グッズを貰いました。

 

葉酸サプリメントが一番有名ですが、実は葉酸のクッキーとかお菓子もあるんですよ。

 

「葉酸サプリメントは好みがあるだろうからクッキーにした」と言っていましたが、とても有難かったです!
やはりその子の気にしてくれた通り、葉酸サプリメントって好みがありますからね。

 

私の場合、ドラッグストアで売っている葉酸サプリよりベルタの方がいいなって思い購入しました

緊急に葉酸サプリが欲しい場合はベルタよりもドラッグストアの方が便利ですけどね。
やはり人それぞれ、欲しい葉酸サプリメントは違うと思いますので、人に良かれと思って葉酸サプリメントをプレゼントしてしまうのは、ちょっと難しい所ですね。

 

それこそ、葉酸サプリメントをプレゼントするんだったら、自分で購入するのにはちょっと高い5000円以上の高級なサプリメントとかですね。
そういう葉酸サプリメントだったら、プレゼントされても嬉しいと思いました。

 

安い葉酸だったら自分でも簡単に購入できますしね。
やはり高い葉酸サプリメントの方が、他人から貰った時にすごくうれしいと思います。

 

ただ、ママさん本人にこだわりがある時には、やっぱりプレゼントの前に一度相談してもいいかもしれませんね。

 

妊婦には必須の葉酸

 

妊娠初期において非常に重要な栄養素、それが「葉酸」というビタミンです。

 

葉酸は、胎児の正常な発育に欠かせないものです。。アミノ酸やタンパク質の合成・促進に深く関与しているからです。

 

 

妊娠3ケ月頃までには、胎児の脳や神経が作られますから、こうしたビタミンを摂取しておくことは、とても大切なことなのです。

 

この時期に葉酸が欠乏していると、脳や神経が正常に発達しないという障害が出ることもあるので、注意しなければなりません。

 

この3ケ月頃までというのは、妊娠に気づかないケースもありますから、妊娠する前から摂取しておくことも、考えに入れておくべきでしょう。

 

 

妊婦の所要量は、一日に400~480μgが望ましいとされます。
この物質は、緑黄色野菜の多くに含まれる水溶性ビタミンで、加熱に弱いという特徴があります。

 

 

しかし、葉酸を多く含み、且つ生で食べられる野菜もあります。特にクレソンは、サッと洗って手軽に食べられるので、おススメです。

 

クレソン以外にも、パセリやサニーレタスなど、この成分を含み、生食可能な葉物野菜をいくつか揃えて、サラダにすると良いでしょう。

 

 

 

クレソンの含有量は、100gあたり約150μgですので、一食が30g程と考えても、50μg弱くらいは摂取できる計算になりますね。

 

この他、青汁の原料で有名なケールが有名ですが、味と匂いが苦手な方も多いので、やはり美味しく食べられる食材から摂取したいところです。

 

 

葉酸サプリのプレゼント

 

私の姉が妊娠した時、「お祝いくれ」と露骨に要求されたことがありました。
まあ、姉妹だと、こんな部分もありますよね。

 

そこで何が良いのか聞いたら、姉からは葉酸サプリの【ベルタ】か【はぐくみ】が良いと言われました。
私は妊娠経験がなかったから、「なんで葉酸サプリメント?」って思ったけど、葉酸サプリメントが妊婦に良いっていうのは常識みたいですね。

 

で、姉が最後まで【ベルタ】と【はぐくみ】の葉酸サプリで悩んでいたけど。
最終的に【はぐくみ】のパッケージの方がかさばらないで良いっていうことで、【はぐくみ】になりました。

 

やはりボトルパッケージよりも、袋タイプの方が、持ち運びも便利ですしね。
この辺は好みなのかなって思いました。

 

でも、姉の出産っていうのは、友達が出産するのとは違い、自分の身内が一人増える感覚なので、他人ごとには思えませんでした!
結局、女の子だったんですが、姪っ子はやっぱり可愛い!

 

孫にデレデレしている自分の両親の気持ちがよくわかりました。
私もあんまりにも可愛くて、しょっちゅうベビー服やおもちゃのプレゼントをしてしまいました。

 

自分の子供ではないけど、姉の子供は可愛いなって思います。
自分が育てて苦労していないからかもしれませんけどね。

 

葉酸が含まれる食物

 

葉酸は、葉っぱの酸と書きます。名前の由来はフォリウムというラテン語の「葉」を意味する言葉からきていて、その名の通り植物に多く含まれています。

 

この成分は、体の成長を促す働きがあるので、人間が生きていく上で必要不可欠な栄養素です。

 

また、妊娠すると各種ビタミンが普段以上に多く必要になりますが、特にビタミンB群のひとつである葉酸は多く必要になります。

 

 

 

普段ならば通常の食生活で不足することはあまりないのですが、約2倍が必要となるので、意識しないとなかなか必要量を摂ることができません。

 

低下していると、神経管閉鎖障害のリスクがあるので、積極的に摂取したいところです。

 

 

そこでサプリメント等から補助的に摂ることや、食事のバランスを気を付けることが重要となってきます。

 

そこで葉酸が多く含まれている食材を選んでいく必要があるわけですが、この成分は、ほうれん草、ブロッコリー、春菊などに多く含まれていますが、その他、はくさいにも多く含まれていることがわかっています。

 

はくさいはこの他、骨を丈夫にするビタミンK、デトックス効果のあるカリウム、骨を丈夫にしてくれるカルシウムなどが豊富に含まれています。

 

妊娠中のリスクを減らすためにも、はくさいを含めたこれら野菜類を積極的に食事に取り入れていくと良いでしょう。